思春期のニキビは何故出来るの?

それまでは綺麗な肌だったのに、思春期を迎える頃にあっと言う間にニキビだらけの肌になって、なかなか治らない人は多いと思います。10代はホルモン変化に伴い、大人の肌よりも皮脂が多く分泌されます。肌が常に清潔でないと毛穴に皮脂や汚れが詰まって途端にニキビが出来てしまいます。

ニキビが出来てしまわないように、スキンケアでいつも肌を清潔に保ち、ファッションもありますが髪が顔に掛からないようにすることも大事です。また、出来てしまったニキビはむやみに触らないようにします。
洗顔の場合もアクネ菌に効果的に働くサリチル酸を配合した洗顔料で洗顔し、乾燥を防ぐ為に専用の美容液で肌を保湿します。商品名に「アクネ」や「アクネコントロール」と表示されている薬用の美容液を使用しましょう。

一度治ってもまだまだ皮脂の分泌は活発なので、ニキビ対策は普段からしっかり行います。基本的にはビタミンを沢山含む野菜や果物が不足しないような食事と、夜ふかしをせずにたっぷり眠る生活を送る事を心がけましょう。
理想的にはストレスの掛からない生活が一番ですが、思春期は受験や勉強や、人間関係を学ぶ時期でもあり何かと心配事も増えています。ニキビも気になる世代ですが、何事もあまり思い詰めずに前向きに取り組む事が大切です。


Copyright© 2010 ニキビ化粧品で爽やかな日々を送ろう All Rights Reserved.